カードローンの返済が遅れるとどうなるのか

カードローンは毎月返済するのが基本ですが、何らかの理由で遅れることもあります。

いわゆる「滞納」です。

滞納してしまうと、「保証会社(銀行のカードローンの場合)」もしくは「金融会社(消費者金融の場合)」から、「支払がない」という旨の通知と、入金依頼のハガキが送られてきます。

金融機関によっては、電話で督促してくることもあります。

このような場合の対応ですが、もし滞納しそうなことが事前に分かっていれば、電話で遅れる旨を伝えてください。

滞納の記録そのものは残ってしまいますが、何も言わないよりは印象がよくなりますし、督促を止めることもできます。

また、消費者金融のカードローンであれば、事前に伝えることで支払い日を変更してくれる所もあります。

そして、最も気になるのが「滞納したら、ブラックリストに載ってしまうのか」ということです。

もちろん、滞納することはよくありませんが、1回でもブラックリストに載ってしまうのかというとそんなことはなく、だいたい2ヵ月までなら大丈夫といえます。

その程度であれば、向こうも「何か理由があったのだろう」と思ってくれます。

とはいえ、頻繁に滞納していると信用がなくなり、限度額をゼロにされてしまうこともあるので気を付けましょう。


このページの先頭へ