好印象を与えることが大事な店舗でのキャッシング

店舗でキャッシングをする時には、印鑑を必ず持って行くことが必要です。書類を書いた後には、必ず印鑑を押さないと、審査に書類が通らないからです。

自分が書いたという証明がなければ、どんなキャッシングの会社でもダメです。

また、忘れてはいけないのが、身分証明書です。これは、運転免許証や保険証、パスポートがいいですね。これならいつでも持ち歩いているもので見慣れていますから、記入してある内容について質問されても、パッパと説明ができます。

店舗でキャッシングする時には、その話し方を見られていたり、容姿をチェックされているんです。どうも不審なところがあれば、キャッシングをお断りされてしまうことがあるのです。

ですから、店舗に行く時には、できればスーツや爽やかなシャツ、カジュアルでも派手過ぎない服を着て行った方がいいでしょう。帽子は取り、顔が見えるようにするのも大事です。

前にキャッシングをしたことがあるか、会社には何年勤務しているのかなどの質問項目などにはテキパキと記入し、書類も早めに提出するのがポイントです。

面接と同じような気持ちで店舗に行けば、キリッとした気持ちになりますから、好印象を与えますね。ずっと下ばかり向いていると悪い印象を与えますから、店舗の人と目を合わせながらハキハキと喋りましょう。


このページの先頭へ