用途や自分の収入に合わせて賢く利用する

皆さんはキャッシングとカードローンの違いはご存知でしょうか?よくひとまとめにされてしまうこの2つ、急にお金が必要になった際に損をしないよう違いを知っておきましょう。

まずキャッシングというのは短期で借りる小口融資のことを指します。クレジットカードに付帯している融資機能が最も有名であるかと思います。1万円位~50万円位までの少額を高金利で借り、一括返済するものです。

最近はキャッシングでもリボルビング払いが可能ですがカードローンよりも割高になるのでおすすめは出来ません。それに対してカードローンは大口融資と言い、数十万円~数百万円とキャッシングよりも金額が大きくなります。

金額が大きい分一括返済は難しいでしょうから、カードローンの返済は基本的にリボルビング払いとなります。

最初から長期返済を前提にした金利設定となっているため、金利はキャッシングより低くなっています。

しかしトータルで支払う金利は大きくなってしまうので注意が必要です。クレジットカードが使えない生活上の急な現金出費はキャッシングを、自分の収入額を超えた大きな買い物等はカードローンを利用するように賢く使い分けると、無理なく返済を行えて生活に支障が出にくいです。


このページの先頭へ